SQL > SQL コマンド > 別名

さて、alias (別名) がSQL での用途を説明します。別名をよく使うのは二つあり: フィールド別名及びテーブル別名です。

簡単に言えば、フィールド別名はSQL の結果が分かりやすくなるように使われるもの。前掲の例の中に、売上を合計すると、 SUM(Sales) のフィールド名が出ます。いまの場合は問題がないけど、もし、フィールドが簡単な合計ではなく、複雑な合計になる場合、フィールド名はそれほど簡単で分かりやすいものでないのです。しかし、フィールド別名を使えば、 出られた結果のフィールド名が分かりやすく、簡単に確かめることができます。

二つ目の別名はテーブル別名。テーブルに別名を付ける場合、 FROM 句のテーブル名にスペースを一つあけて、それからテーブルを示せばよい。それは、SQLを使って、複数の異なるテーブルからデータを読み込むのにとても便利なもの。後に触れる結合 (join)の時に見ます。

次は、フィールド別名及びテーブル別名のプログラミングを見ましょう。

SELECT "テーブル別名"."フィールド1" "フィールド別名"
FROM "テーブル名" "テーブル別名";

基本的に、この二別名は代わり物件の次に置かれ、両者の間にスペースが一つ空けられている。以下、同じくStore_Information テーブルを例として挙げましょう。

Store_Information テーブル
Store_Name Sales Txn_Date
Los Angeles 1500 Jan-05-1999
San Diego 250 Jan-07-1999
Los Angeles 300 Jan-08-1999
Boston 700 Jan-08-1999

上述した SQL GROUP BY のページに挙げられた例だが、異なるのは、フィールド別名及びテーブル別名を付加します。

SELECT A1.Store_Name Store, SUM(A1.Sales) 'Total Sales'
FROM Store_Information A1
GROUP BY A1.Store_Name;

の結果ができます、

Store Total Sales
Los Angeles 1800
San Diego 250
Boston 700

その結果、データ自身は同じだが、フィールドのタイトルが変わりました。それはフィールド別名を使ったわけです。二つ目のフィールドにおいて、 "Sum(Sales)" だったタイトルの代わりに、 "Total Sales"が明示されたタイトルが出てきました。明らかに、 "Total Sales" は "Sum(Sales)"よりこのフィールドの意味をより明確に示すことができるのです。テーブル別名のメリットは、ここには出ていませんが、 次のページ になると、分かってくるでしょう。

SQL Join >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved