SQL > テーブル処理 > Alter Table

テーブルがデータベースの中に作られた場合、そのテーブルの構造を変えなえればならないことがよくあります。よく見られるのは次のような場合です。

  • 一つのフィールドの追加
  • 一つのフィールドの削除
  • フィールド名の変更
  • フィールドのデータ種類の変更

上述の変更は、必ずしも変えなければならないことではありません。ALTER TABLEが他の変更にもよく使われます。例えば、主キーの定義を変更する場合がそれです。

ALTER TABLE プログラミングは次のようになります。

ALTER TABLE "テーブル名"
[変更方法];

[変更方法] に関する詳しい内容は、目的により違います。上述の変更の場合、[変更方法]は次のようになります。

  • 一つのフィールドの追加: ADD "フィールド 1" "フィールド 1 のデータ種類"
  • 一つのフィールドの削除: DROP "フィールド 1"
  • フィールド名の変更: CHANGE "元のフィールド名" "新しいフィールド名" "新しいフィールド名のデータ種類"
  • フィールドのデータ種類の変更: MODIFY "フィールド 1" "新しいデータ種類"

次は、 CREATE TABLE のページに作られた Customer テーブルを例とします。

Customer テーブル
フィールド名資料の種類
First_Namechar(50)
Last_Namechar(50)
Addresschar(50)
Citychar(50)
Countrychar(25)
Birth_Datedatetime

まず、"gender" というフィールドを追加する場合、次のコマンドを使うことができます。

ALTER TABLE Customer ADD Gender char(1);

そのコマンドで行われたとき、テーブルの構造が次のようになります。

Customer テーブル
フィールド名資料の種類
First_Namechar(50)
Last_Namechar(50)
Addresschar(50)
Citychar(50)
Countrychar(25)
Birth_Datedatetime
Genderchar(1)

次に、"Address" フィールドを "Addr"の名前に変更する場合、次のコマンドが使えます。

ALTER TABLE Customer CHANGE Address Addr char(50);

そのコマンドで行われたとき、テーブルの構造が次のようになります。

Customer テーブル
フィールド名資料の種類
First_Namechar(50)
Last_Namechar(50)
Addrchar(50)
Citychar(50)
Countrychar(25)
Birth_Datedatetime
Genderchar(1)

それから、 "Addr" フィールドのデータ種類を char(30) にする場合、次のコマンドを使うことができます。

ALTER TABLE Customer MODIFY Addr char(30);

そのコマンドで行われたとき、テーブルの構造が次のようになります。

Customer テーブル
フィールド名資料の種類
First_Namechar(50)
Last_Namechar(50)
Addrchar(30)
Citychar(50)
Countrychar(25)
Birth_Datedatetime
Genderchar(1)

最後に、 "Gender" フィールドを削除する場合、次のコマンドを使うことができます。

ALTER TABLE Customer DROP Gender;

そのコマンドで行われたとき、テーブルの構造が次のようになります。

Customer テーブル
フィールド名資料の種類
First_Namechar(50)
Last_Namechar(50)
Addrchar(30)
Citychar(50)
Countrychar(25)
Birth_Datedatetime

SQL 主キー >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved