SQL > SQL コマンド > Count

前のページに、 COUNT がその関数の一つだと述べられました。その使い方が広いので、ここで取り上げることにします。基本的に、 (COUNT) により、テーブルの中に読み込まれたデータがどのぐらいあるのか、カウントできます。そのプログラミングは次のようになります。

SELECT COUNT("フィールド名")
FROM "テーブル名";

例えば、サンプルのテーブルにおけるstore_name フィールドに、空白データでないのがどのぐらいあるか調べる場合、

Store_Information テーブル
Store_Name Sales Txn_Date
Los Angeles 1500 Jan-05-1999
San Diego 250 Jan-07-1999
Los Angeles 300 Jan-08-1999
Boston 700 Jan-08-1999

を入力すると、

SELECT COUNT (Store_Name)
FROM Store_Information
WHERE Store_Name IS NOT NULL;

の結果ができます、

COUNT (Store_Name)
4

"is not NULL" は "このフィールドは空白でない"ことを表します。

COUNTDISTINCT とともによく用いられるのが、テーブルにおける異なるデータがどのぐらいあるか調べるため (どんなデータなのか、また別問題)。 例えば、テーブルの store_nameがどのぐらいのかを調べる場合、次のように入力します。

SELECT COUNT (DISTINCT Store_Name)
FROM Store_Information;

の結果ができます、

COUNT (DISTINCT Store_Name)
3

SQL GROUP BY >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved