SQL > テーブル処理 > Create View

ビュー (Views) はヴァーチャルテーブルと見られます。テーブルとの相違点は、テーブルの中にデータが実際に保存されているが、ビューはテーブルの上に作られた構造で、データが実際に保存されていないのです。

ビューを作るプログラミングは次のようになります。

CREATE VIEW "VIEW_NAME" AS "SQL 文";

"SQL 文" は、この教材の中で提示された何れのSQLもいいです。

例を見てみましょう。かりに、次のようなテーブルがあるとします。

Customer テーブル
フィールド名資料の種類
First_Namechar(50)
Last_Namechar(50)
Addresschar(50)
Citychar(50)
Countrychar(25)
Birth_Datedatetime

そして、このテーブルの上に First_Name、Last_Name と Country の三フィールドが含まれるビューを作る場合、次のように入力します。

CREATE VIEW V_Customer
AS SELECT First_Name, Last_Name, Country
FROM Customer;

そうすると、 V_Customer というビューができました。

V_Customer
フィールド名資料の種類
First_Namechar(50)
Last_Namechar(50)
Countrychar(25)

ビューを使って、二つのテーブルを結合することもできます。そこで、ユーザは二つの異なるテーブルを結合してなくても、ビューによって、必要な情報を直接に調べることができるのです。仮に、次のような二つのテーブルがあるとします。

Store_Information テーブル
Store_Name Sales Txn_Date
Los Angeles 1500 Jan-05-1999
San Diego 250 Jan-07-1999
Los Angeles 300 Jan-08-1999
Boston 700 Jan-08-1999

Geography テーブル
Region_Name Store_Name
East Boston
East New York
West Los Angeles
West San Diego

次のコマンドで、地域 (Region) の売上 (Sales) が含まれるビューを作ることができます。

CREATE VIEW V_REGION_SALES
AS SELECT A1.Region_Name REGION, SUM(A2.Sales) SALES
FROM Geography A1, Store_Information A2
WHERE A1.Store_Name = A2.Store_Name
GROUP BY A1.Region_Name;

そうすると、 V_REGION_SALES というビューができました。このビューの中に、異なる地域の売上のデータが含まれます。このビューからデータを取得する場合、次のように入力します。

SELECT * FROM V_REGION_SALES;

の結果ができます、

REGION SALES
East 700
West 2050

SQL CREATE INDEX >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved