SQL > SQL コマンド > Distinct

SELECT コマンドを使って、テーブル内の一つ又は複数のフィールドの全データを読み込むことができます。同じ数値が繰り返されたとしても、すべてのデータが読み込まれることになります。データ処理の際、どんな違う数値があるのかといった問題がよくでます。言い換えれば、各数値が出た回数というよりも、そのテーブル/フィールドの中にどんな違う数値があるのか分からなければならないのです。それがどうやってわかるんでしょうか。SQL では、これは簡単にできること。 SELECT の後に DISTINCT を付け加えればOK。 DISTINCT のプログラミングは次のようになります。

SELECT DISTINCT "フィールド名"
FROM "テーブル名";

例を挙げましょう。仮に、次のテーブル Store_Information から異なる店の名前を見つける場合、

Store_Information テーブル
Store_Name Sales Txn_Date
Los Angeles 1500 Jan-05-1999
San Diego 250 Jan-07-1999
Los Angeles 300 Jan-08-1999
Boston 700 Jan-08-1999

を入力すると、

SELECT DISTINCT Store_Name FROM Store_Information;

の結果ができます、

Store_Name
Los Angeles
San Diego
Boston

SQL WHERE >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved