SQL > SQL コマンド > 関数

データベースの中に、多くのデータが数字で現われたのは、数字演算ができるのがその用途の一つ。例えば、それらの数字を合計したり、平均値を計算したりすること。 SQLの中に次のような関数があります。

  • AVG (平均値)
  • COUNT (カウント)
  • MAX (最大値)
  • MIN (最小値)
  • SUM (合計値)

関数を使うプログラミングは次のようになりなす。

SELECT "関数名"("フィールド名")
FROM "テーブル名";

例えば、サンプルのテーブルにある Sales フィールドの合計値を計算する場合、

Store_Information テーブル
Store_Name Sales Txn_Date
Los Angeles 1500 Jan-05-1999
San Diego 250 Jan-07-1999
Los Angeles 300 Jan-08-1999
Boston 700 Jan-08-1999

を入力すると、

SELECT SUM (Sales) FROM Store_Information;

の結果ができます、

SUM (Sales)
2750

2750 はすべてのSales フィールドの合計値: 1500 + 250 + 300 + 700。

関数のほかに、SQL を使ってプラス(+)やマイナス(-)の簡単な数学演算も可能。文字類のデータについては、SQL にも文字処理の関数が幾つかあります。例えば、文字列の結合 (concatenation)、文字の切り取り (trim)、及び部分文字列の取得 (substring)。データベースにより、関数のプログラミングが異なります。それらの関数の使い方を確かめるため、ご使用のデータベースの情報を参考するとよい。

SQL COUNT >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved