SQL > SQL コマンド > In

SQL の中で、二つの状況に IN コマンドを使うが、このページにはその中の一つ: WHERE に関わる状況について説明します。この用法では、必要な値を少なくとも一つ知っておきます。そして、 知られた値をすべて IN 句に入れます。IN コマンドのプログラミングは次のようになります。

SELECT "フィールド名"
FROM "テーブル名"
WHERE "フィールド名" IN ('値一', '値二', ...);

括弧の中に一つ又は複数の値があり、その数値相互の間にコンマで分けます。値は数値や文字でもよい。もし、括弧の中に値が一つだけある場合、次のようになります。

WHERE "フィールド名" = '値一'

例えば、仮に Store_Information テーブルに、Los Angeles又はSan Diegoが含まれるデータをすべて読み込る場合、

Store_Information テーブル
Store_Name Sales Txn_Date
Los Angeles 1500 Jan-05-1999
San Diego 250 Jan-07-1999
San Francisco 300 Jan-08-1999
Boston 700 Jan-08-1999

を入力すると、

SELECT *
FROM Store_Information
WHERE Store_Name IN ('Los Angeles', 'San Diego');

の結果ができます、

Store_Name Sales Txn_Date
Los Angeles 1500 Jan-05-1999
San Diego 250 Jan-07-1999

SQL BETWEEN >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved