SQL > SQL コマンド > Like

LIKEWHERE 句に使われるもう一つのコマンド。基本的に、 LIKE を使って、あるパタン (pattern) により必要なデータを見つけることができます。逆に言えば、 IN を使う場合、必要な条件がよく分ります; BETWEEN) を使う場合、ある範囲を示すことになります。 LIKE のプログラミングは次のようになります。

SELECT "フィールド名"
FROM "テーブル名"
WHERE "フィールド名" LIKE {パタン};

{パタン}はよくライルドカード (wildcard)を含みます。以下は幾つかの例を挙げます。

  • 'A_Z': すべて 'A'を始めとし、続いて何れの一文字を入れ、そして 'Z' で終わる文字列。 'ABZ' 和 'A2Z' はこのパタンに一致しますが、 'AKKZ' はそれに一致しません ( A とZとの間に二文字があり、一文字ではないから)。
  • 'ABC%': すべて 'ABC' を始めとする文字列。例えば、 'ABCD' と 'ABCABC' はこのパタンに合います。
  • '%XYZ': すべて 'XYZ' で終わる文字列。例えば、 'WXYZ' と 'ZZXYZ' はこのパタンに適合します。
  • '%AN%': すべて 'AN'を含む文字列。例えば、 'LOS ANGELES' と 'SAN FRANCISCO' はこのパタンに一致します。

上述の最後の例を Store_Information テーブルに使う場合:

Store_Information テーブル
Store_Name Sales Txn_Date
LOS ANGELES 1500 Jan-05-1999
SAN DIEGO 250 Jan-07-1999
SAN FRANCISCO 300 Jan-08-1999
BOSTON 700 Jan-08-1999

を入力すると、

SELECT *
FROM Store_Information
WHERE Store_Name LIKE '%AN%';

の結果ができます、

Store_Name Sales Txn_Date
LOS ANGELES 1500 Jan-05-1999
SAN DIEGO 250 Jan-07-1999
SAN FRANCISCO 300 Jan-08-1999

SQL ORDER BY >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved