SQL > テーブル処理 > Truncate Table

データベースから一つのテーブルを削除する場合があります。その目的を達成するために、 前のページで見た DROP TABLE コマンドによるのはその方法の一つ。しかし、そのような場合、テーブル全体が消えてしまい、二度と使えなくなるのです。もう一つは TRUNCATE TABLE. コマンドを使うこと。このコマンドのもとで、テーブル内のデータが全部消えますが、テーブル自身がそのまま残ります。TRUNCATE TABLE のプログラミングは次のようになります。

TRUNCATE TABLE "テーブル名";

だから、 SQL CREATE TABLE ページにおける顧客テーブル内のデータを削除する場合、次のように入力します。

TRUNCATE TABLE Customer;

SQL INSERT INTO >>



Copyright © 2017   1keydata.com   All Rights Reserved